★Vegelife★      

   ベジタリアン&ビーガンレシピ   ~Miki~

イチジクのナイスクリーム♡

      2017/06/11

海外・中国でもほぼベジタリアン~ビーガンvegelife ★~miki~です。

 

大好きな

 

★ナイスクリーム★いちじくバージョン

 

 

スポンサーリンク

 

"ナイスクリーム"はすっかりハマってしまい、定番化しています!

 

とにかく簡単&美味しい&体にやさしい(負担がない)安心して食べられるアイスクリーム♡

 

 

少~しずつ変化させたり、改良したりして楽しんでいます。

 

スポンサーリンク

 

今回は ☆イチジク☆

 

凍らせたバナナ+凍らせたイチジク+ココナッツミルク

 

イチジクの存在感を出すために、半分くらいは形が残る程度にカットして後から混ぜました。

 

イチジクは大好きな果物の一つ♡

 

イチジクの栄養価も素晴らしいのです♥

 

イチジクの栄養価☆

 

イチジクは何と「不老長寿の果物」とも言われるほど☆

 

イチジクには水溶性植物繊維のペクチンが豊富なので腸内環境を整えて、便秘解消に効果大!

 

そして、ミネラル=カルシウム、鉄分などもバランスよく含まれているので、貧血予防、骨の成長に必須!

 

また、カリウムが含まれているので、むくみ解消、予防、高血圧症対策にも効果あり。

 

いくつものポリフェノール類が含まれているために、抗酸化作用が強く、特に女性には嬉しいアンチエイジング効果あり♡

 

果物に含まれる貴重な酵素!イチジクにはフィシンという分解酵素が含まれているために、食後に食べると、消化を助けてくれる働きがあるそうです。フィシン以外にも、アミラーゼやリパーゼなどの消化酵素も含まれていて、糖質、脂質の消化促進に効果あり!

 

そして、イチジクの果汁からは抗がん作用のある物質、ベストアルデヒドが含まれてもいるともありました。

 

種の部分には女性ホルモンを助ける植物性エストロゲンが含まれていて、肌荒れを防いだり、生理痛を軽減させたり、生理不順改善効果など、女性ホルモンを整えてくれる働きがある、とのこと!

 

この植物性エストロゲンは他のドライフルーツにはない成分だそうです。

 

ドライイチジクに関しては、栄養素がさらに何倍もupするそうです。

 

例えば、植物繊維は100g中、生が1.9g→ドライが10.9g!

 

他にも、カルシウムや鉄、ナトリウム、カロチン、ビタミンB1、2、ナイアシンなども何倍もup⤴

 

ドライイチジクも大好きです!

 

ちょっとほっとしたいティータイムに美味しいドライイチジクをプラスするだけで、立派なデザートになります♡

 

 

ただ、カロリーも高くなるので、食べすぎには注意★

(どんなにいいものでも食べ過ぎは✖!)

 

イチジクって漢字では「無花果」

 

花が咲かないようなイメージの感じですが、花は実の中にあるそうです!

 

実を割ったときの種のようなブツブツの部分が花✿

 

実を食べたときに、花も一緒に食べていることになるなんて、不思議。

 

栄養価を調べたら、もっとイチジクが好きになってしまいました~♡

 

盛り付けたときの写真は取り忘れ~💦

 

最後にイチジクをカットしたものをトッピングすると見た目も味もgood♡

 

スポンサーリンク

 

☆こちらもポチッとお願いします☆

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

 - sweets, Vege料理