★Vegelife★      

   ベジタリアン&ビーガンレシピ   ~Miki~

初めて出会った食材 ☆ピーナッツもやし ☆

   

海外・中国でもほぼベジタリアン~ビーガンvegelife ★~miki~です。

 

中国ライフ、新しい食材との出会いも多々あります(^ ^)

 

最近の☆初めて野菜☆

 

いつも頼んでいる無農薬野菜グループで見つけました!

 

スポンサーリンク

 

本当にピーナッツ!ピーナッツもやし☆

 

 

なんだこの'巨大もやし'みたいなものは?!…この野菜が届いた時はビックリしました。

 

発芽野菜のことをスプラウトといい、健康によい食材として注目されているようですが、

 

その中でも人生初出会った"ピーナッツもやし"!

 

シャキシャキッとした歯ごたえがありつつ、ピーナッツの甘みと香ばしさも。

 

一般のもやしと違い、ボリューム感がかなりあります。

 

調べてみると…ピーナッツの原産地は南米アンデス地方。そのアンデス地方で健康食材として、古くから食べられていたのがピーナッツの新芽だそうです。

 

ピーナッツもやしは、発芽の過程で、成長するためにカロリーだけを消化するので、もやしになるとピーナッツの 7~10分の1にカロリーが低下。なので栄養価はそのまま、でもカロリー減!

 

スポンサーリンク

 

"ピーナッツもやし"の栄養価

 

 

その栄養価は…オレイン酸リノール酸(血中のコレステロール値を下げると言われている)、オリゴ糖、老廃物を排出する食物繊維、お肌の原料となるタンパク質などが豊富。

 

豆の時には含まれていないビタミンB群も豊富で、代謝を高めて疲労を改善。その疲労回復効果はウナギの約2倍だそうです。

 

雑穀と比べても、カルシウムが6倍、食物繊維は4倍など。

 

ビタミンE(抗酸化作用)はピーナッツの5倍近く含むので、美肌や老化防止も期待できます。

 

豊富に含まれるアスパラギン酸(アミノ酸の一種、疲労回復効果あり)が味わい深いコクを生み出すそうです。

 

新しく出会う食材→調べてみると本当におもしろい~^_^

 

ピーナッツもやしは、中華鍋で強火で炒めるのが一番美味しい食べ方のようなので、野菜炒めが一番適しているようですが、天ぷらもおいしいとあったので、次は挑戦してみたいです。

 

また次回見つけたら、この"ピーナッツもやし"注文してみよう〜♪(^ ^)♪

 

こんなお皿にど〜んと炒め物を盛り付けても良さそう〜♡

 

 

意外とこんなお皿にシンプルな炒め物が映えるかも?!

 

 

スポンサーリンク

 

☆こちらもポチッとしてもらえると嬉しいです。☆

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

 - Vege料理, オーガニック・有機, 中国生活